加齢臭が消える洗剤&洗濯法

 

加齢臭は汗が原因だから、夏だけ気を付けていれば大丈夫。
そんな風に考えている人がいたら、要注意。

 

実は加齢臭は寒い季節の方が目立ちやすいんです。
加齢臭の二次災害ともいうべき洋服の臭いについて、解消方法をご案内します。

 

冬こそ要注意!加齢臭は実は服からも!

加齢臭を含む体臭は、夏に強くなるというイメージがあります。
実はここに大きな落とし穴があります。

 

夏は元々汗をかくことが多いので、シャワーも頻繁に浴びますし洋服もこまめに洗いますから、臭い物質が服に染みついてしまうことはほとんどありません。

 

でも冬はどうでしょう。
セーターやジャケットのようなものは洗うのが面倒だったり、クリーニングが必要だったり。
汗もそれほどかかないから、そんなに毎日洗わなくても大丈夫だろう、と思いがちです。
この油断が加齢臭を育ててしまう原因です。

 

寒くなると確かに体温調節のための汗は減りますが、加齢臭の原因である皮脂の分泌はほとんど変わりがありません。
冬だから、汗をかかないから臭いが少ないというのは完全に間違いです。

 

衣服に染みついた臭いは寒いところでは感じにくいので、着るときには気付くことができません。
体温で温まり、さらに暖房が入った電車やオフィスの環境ではじめて強烈な匂いとなって発散されることになります。
冬こそ臭いの本番、加齢臭に最も気を付けないといけない季節なのです。

 

くさい衣服は漂白剤で洗え!?

洋服に一度しみ込んだ臭いというのは、加齢臭であるなしに関わらずなかなか取ることができません。
洗って干した直後にシャツの臭いをかいでみたら、なんとなく雑巾臭い臭いが残っていた、なんてことが起こります。

 

ワキガ臭などの刺激的な臭いも同様で、洗濯だけでは完全に落とせない場合があります。
こんなしつこい臭いですが、実は家庭にあるものだけで簡単に落とすことができるんです。

 

現在、ほとんどの家庭では全自動洗濯機に液体または粉末の洗濯洗剤を使っていると思います。
洗濯洗剤の中には消臭効果を謳っているものもありますが、これらの多くはにおい成分をマスキングすることで一定時間においを防いでくれるにすぎません。
染みついてしまった汗臭さや加齢臭には効果が薄いのです。
では、加齢臭を効果的に落とす洗剤はないのでしょうか?

 

あります。
洗剤ではありませんが、洗濯用として売られている漂白剤を使うことで、強烈な悪臭もほぼ落としてしまうことができるんです。
簡単な手順はこうです。

 

家庭用洗剤に酸素系漂白剤をプラスして洗う。

要は洗濯機の中に漂白剤も一緒に入れてしまうということです。
塩素系の方が強力に消臭できますが、色物やデリケートな衣類には使えません。
洗剤と併せて洗濯するのであれば、酸素系の方が使い勝手が良くてベストです。

 

たったこれだけで、ほとんどの臭いは気にならないレベルまで減らすことができます。

 

酸素系漂白剤につけ込んでから洗う。

パッケージに書かれている分量の漂白剤を40度以上のお湯に溶かし、そこに服を漬け込みます。
そのまま1時間程度置いてから普通に洗濯してみてください。
しつこく残っていた臭いもほぼ取れているはずです。

 

それでもだめならクリーニング店に相談。

「臭いを落としたい」と伝えると、消臭コースを案内してくれる店が多いはずです。
大事なコートやセーターでどうしても、というときは、プロにお任せするのが最良の手段です。

 

まとめ

冬こそ気を付けたい、服にしみ込んだ加齢臭。
家庭でも酸素系漂白剤を使うことで、簡単に予防することができます。
最近では洗濯機自体が消臭・防菌効果を持った「プラズマクラスター」「ナノイー」などの高級洗濯機も出ています。
加齢臭を丸洗いして、臭わないお洋服で出かけましょう!

関連ページ

え?!まだ知らなかったの?【頭の臭いを消す方法】
頭の皮脂が原因の頭皮臭、外からにおいを吸着する頭髪臭。どちらも完全に防ぐことは不可能ですが、健全な頭皮を作ることで最小限に抑えることはできます。
知っておきたい!体臭の原因となる食べ物と予防する食べ物
食べ物ひとつで体臭に大きな影響を及ぼすことを肝に銘じておく必要があります。原因となる食べ物と消す食べ物をご紹介します!
加齢臭の原因となる食べ物と予防する食べ物を今すぐチェック!
加齢臭は体質ではありますが、日ごろの生活や食習慣でケアすることができます。ここでは加齢臭になりやすい食べ物、なりにくい食べ物をチェックしてみましょう。

このページの先頭へ戻る