軽度のワキガの治療法

ワキガの治療法には様々な種類のものがあるため、その症状に合わせた治療法を選択することがとても大切になります。ここでは、軽度なワキガの治療法についてご紹介していきます。

 

塗り薬や飲み薬による治療

塩化アルミニウム液(外用薬)

制汗作用と臭いの抑制効果がある塗り薬で、軽度のワキガに対して最もよく処方される薬剤です。一般的には濃度20%のものが処方されることが多いですが、病院によって配合量が異なることもあります。

 

塩化アルミニウム液は、副作用として痒みを生じる場合があります。そのような場合は、ティッシュやコットンなどに液を染み込ませて患部に塗布したり、寝る前に使用して朝起きたら洗い流すなどの対応を取ることになります。また、痒みが強かったり、炎症を伴ったりする場合には処方してもらった皮膚科で使用方法について相談するようにしてください。


臭化プロパンテリン(内服薬)

プロパンサインとも呼ばれる抗コリン剤で、汗を出す伝達物質であるアセチルコリンの分泌を抑制し、汗が出るのを抑える効果があります。
ただし、副作用として目や口の渇き、尿の出が悪くなるといったものがあるため、継続的な使用は勧めない医師が多いようです。


抗不安薬・抗精神薬など(内服薬)

ワキガが原因で強い不安や恐怖心を生じ、日常生活に支障が出ている場合に処方されることがあります。
精神面や自律神経に働きかけることで不安を和らげ、精神的なストレスによる発汗を抑制します。

 

ただし、副作用として眠気やふらつきなどの症状が出ることに加え、飲み続けることで副作用のリスクが高まるため、自己判断で服用量を増減させることは絶対に避けてください。


注射による治療法

軽度なワキガに非常に効果的とされているのが、ボトックス注射です。
ボツリヌス菌の毒から生成した成分を注入することでアセチルコリンの分泌を抑制し、汗の量を抑える効果があります。
ボトックス注射は、エクリン汗腺に作用するため多汗症の方や精神性発汗に悩まされている方には非常に効果的です。

 

ワキガの原因であるアポクリン汗腺には直接作用しませんが、汗が蒸発する際の臭いの拡散を抑制したり、汗の量が減って脇の湿度が下がるため常在菌の繁殖が抑制されるて、ワキガによる臭いが軽減されます。

 

ボトックス注射は片側5分程度で済み、注射当日から普段通りの生活を送ることが出来る上に、注射後翌日から効果を実感出来る方も多いため、軽度のワキガに悩まされている方にはメリットの大きな治療法と言えます。

 

デメリットとしては、効果の持続期間が約6か月間ほどのためワキガが再発するリスクがあること、軽度のワキガに対しては保険外診療のため1回当たり5万円から10万円ほどの費用がかかることが挙げられます。

 

塗り薬や飲み薬でなかなか効果が得られないけれど、手術を行うほどではないワキガで悩んでいる方は、治療の選択肢の1つとして医師に相談してみても良いかもしれませんね。

関連ページ

正確に知ろう!ワキガの原因
ワキガの原因をしっかりと把握し、正しい対策をとるようにしましょう。
重度のワキガの治療法と対策
重度のワキガは普通のケアでは、ほとんど効果がないため、ここでは病院での治療法について説明します。
ワキガ手術の失敗例(後遺症)を知らないでは済まされない!
ワキガ手術によりワキガの改善効果が期待出来るとはいえ、そこにはもちろんリスク(失敗)がつきものです。
ワキガ臭が軽い人ほど治りやすい?【段階別治療法と対策】
ワキガ臭が軽いほどワキガは治りやすいという話を耳にすることもあります。軽度のワキガの治療法、対策について説明します。
子供のワキガ手術は何歳から可能?
子供のワキガ手術は何歳から可能なのでしょうか?また手術以外の子どものワキガの治療法と対策についても説明します。
子供のワキの臭いをどうにかしてあげたい!子供のワキガ対策
子供のワキガ対策は、年齢や状態によっていくつもの段階があります。自分でワキガに気づいて気にし始めたら慌てずに必要なケアができるように、穏やかに注意深く見守ってあげてください。
高齢者でもワキガの手術は可能なのか?
ワキガの手術は高齢者でも可能なのでしょうか?手術を受けられる年齢に制限はあるのでしょうか?また最善の手術法をご紹介します。
脱毛すればワキガは治る?悪化する?どっちがホント?
ワキ脱毛するとワキガが治るという話を聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれませんが、その反対に、ワキガが悪化したという話もよく耳にしますよね。一体どちらが本当なのでしょうか? これは一体どちらが本当なのでしょうか。
生活習慣を改めればワキガは治る?
生活習慣を見直すことで、ワキガを軽減することは出来るとされています。ワキガを軽減させるための生活習慣についてご紹介していきます。
腋窩多汗症とは
汗の量の多寡は体質によるものもありますが、あまりにも大量に汗をかく場合は「腋窩多汗症」という病気の可能性があります。腋窩多汗症について説明します。
腋窩多汗症の治療法
腋窩多汗症により病院を受診した場合、どのような治療法があるのかご存知でしょうか?
女性の方がワキガが多い理由まとめ【重要】
ワキガが女性に多い理由について明らかにします。
ワキガ手術の痛みと術後の痛みはどの程度?健康保険は使える?
ワキガ手術の痛みや健康保険の適応、治療費について解説していきます。
知っておきたい!超音波ワキガ治療の後遺症・副作用
最新のワキガ治療「超音波ワキガ手術」についての後遺症と副作用についてまとめてみました。
塩湯で汗腺に溜まった脂を排出する!
塩湯が皮膚の下に貯まる脂を排出しやすくするって知っていましたか?塩湯で汗の臭いをシャットアウト。塩湯の作り方、入り方についても説明します。
ワキの下が臭う=ワキガなの?
ワキの下の臭いが強いからといって、ワキガとは限りません。今回は、ワキの下の臭いとワキガについて説明します。
衣類の黄ばみ=ワキガなの?
ワキガの場合には、衣類のワキの下に黄ばみができます。でも、それだけでワキガと決めることはできません。
体臭の強い人はスパイス類に要注意!
スパイスは、動物性の食品と一緒に取ることで体臭を強くし、発汗作用によってにおいを拡散します。体臭が気になる人は、スパイシーな肉料理を食べすぎないように注意しましょう。
ワキガにまつわる7つの誤解
ワキガは症状や重さに個人差があるため、なかなか正しい情報がつかみにくい疾病です。間違った事実から都市伝説のようなものまで、さまざまな誤解が生まれやすいのです。
ワキガになりやすい体質となりにくい体質
ワキガには、なりやすい体質の人とそうでない体質の人がいます。では、ワキガになりやすい体質とはどんなものなのでしょうか。そしてそれはどうすればわかるのでしょうか。
ワキガと食生活の関連性※NG食べ物をご紹介!
ワキガになりやすい食生活とは?なりにくい食生活とは?またワキガにNGな食べ物をご紹介します。
ストレスによるワキガの原因と対策まとめ
ストレスとワキガはかなり深く関係していることがわかっています。原因と対策についてまとめてみました。
ワキガが遺伝しない方法に興味ある?
両親ともにワキガでも、まったくワキガが遺伝しない子だっています。また、遺伝させない方法はあるのでしょうか?
最先端のワキガ治療「超音波治療」のメリットとデメリット
ワキガの治療法として脚光を浴びている超音波治療ですが、そのメリット・デメリットにはどんなものがあるのでしょうか。
超音波ワキガ治療前後の注意事項まとめ
ワキガで超音波治療を受けようと思っている方のために超音波治療前後の注意事項をまとめてみました。
ワキガ手術によっておこる可能性のある合併症に要注意!
皮膚を切開して汗腺を取り除くワキガ手術は、手術の直後から数か月間に発生する可能性のある合併症にも注意が必要です。
「汗臭い」と「ワキガ」の違いをまだ知らないの?
いわゆる「汗臭さ」と「ワキガ」とでは、同じように汗が元になるとはいってもまったく違うものです。どのような違いがあるのかをしっかりと知っておきましょう。
デオドラントとは※制汗剤・消臭剤・殺菌剤の違いわかる?
普段何気なく使っている「デオドラント」という言葉ですが、どんな意味でどんな種類があるか知っていますか?
臭いレベルが「小」「中」程度におすすめな「レーザー脱毛」
手術を検討するほどでもないけれど気になる「小」「中」レベルのワキガ対策として、永久脱毛はある程度の効果が期待できます。

このページの先頭へ戻る