高齢者でも可能なワキガの手術

 

ワキガの手術は、昔は切除法しかありませんでした。
この方法では、術後脇の下にひきつれたような長い傷跡がハッキリ残ってしまいました。

 

しかし、現在では皮下組織吸引法、皮下組織煎除法、超音波による手術、レーザー治療等があります。

 

ワキガの手術の種類

皮下組織吸引法

これは、脇の下に数ミリの小さな穴を開け、そこに「カニューレ」という細い管を差し込み、汗腺類を掻き取り吸引するという方法です。
メスも使わず皮膚に小さな穴を開けるだけなので、傷跡も小さく身体への負担も少ないので、主に美容クリニックでよく施術されています。

 

皮下組織煎除法

煎除法とは、皮膚を裏返して汗腺を医師が目で確認しながら切除して行く方法です。
術後は皮膚を元に返すので、切除法のような大きな傷跡は残りませんが、メスを使うので傷跡は多少残ります。
しかし、この方法だとワキガの原因であるアポクリン汗腺は切除出来ます。

 

レーザー治療

これは、脇の下を3ミリ位切開して、治療器を挿入し、レーザーを照射してアポクリン汗腺やエクリン汗腺を破壊して吸引するというものです。
メスを使わないので傷跡は残りませんが、問題は破壊し切れなかったアポクリン汗腺が残ることがあるという点です。

 

超音波法

現在最も行われているワキガの治療の為の手術が、この超音波法と言えます。
手術の方法としては、脇の下に数ミリの穴を開け、そこに超音波発生器を入れて汗腺類を破壊・吸引する方法です。
この時、超音波は汗腺類と神経や血管を識別するので、汗腺類だけを取り除くことが出来ます。
この方法だと傷跡も残りませんし、入院も必要がありません。
又、何より再発の心配が無いのが大きなメリットです。

 

手術を受けられる年齢

ワキガかどうかを判断する一番簡単な方法は、耳垢が常時湿っているかどうかです。
しかし、仮に自分の子供の耳垢が湿っていてワキガ臭も気になったとしても、ワキガの手術は汗腺が発達してから行った方が良いので、少なくとも小学校に上がるまでは行わない方が良いでしょう。
出来れば思春期を迎える中学生位まで待った方が良いのです。

 

手術を受ける上限年齢はと言うと、健康面も配慮した上でのことですが、90歳位までは可能です。

 

高齢者のワキガの手術

高齢者は加齢臭を気にしたり、お風呂に入る間隔があくような場合もあるので体臭を気にしがちです。
入院したり老人ホームに入った時に周りの人達への迷惑を考えて手術を希望する高齢者が増えています。

 

高齢者の場合は、まずワキガかどうかを診察してもらう事が必要です。
アポクリン汗腺の活動も弱くなっていることもあり、自分で思っている程臭いが出ていないことがあるからです。
そしてワキガであるという診断が出て初めて、手術をするかどうかを決めましょう。

 

基本的に高齢者でもワキガの手術は可能ですが、お勧めの手術法はやはり「超音波波法」です。
施術時間も短く、何より身体に対する負担が一番少ないからです。

関連ページ

正確に知ろう!ワキガの原因
ワキガの原因をしっかりと把握し、正しい対策をとるようにしましょう。
軽度のワキガの治療法と対策
ワキガの治療法にも様々あります。ここでは軽い絵ワキガの治療法について説明します。
重度のワキガの治療法と対策
重度のワキガは普通のケアでは、ほとんど効果がないため、ここでは病院での治療法について説明します。
ワキガ手術の失敗例(後遺症)を知らないでは済まされない!
ワキガ手術によりワキガの改善効果が期待出来るとはいえ、そこにはもちろんリスク(失敗)がつきものです。
ワキガ臭が軽い人ほど治りやすい?【段階別治療法と対策】
ワキガ臭が軽いほどワキガは治りやすいという話を耳にすることもあります。軽度のワキガの治療法、対策について説明します。
子供のワキガ手術は何歳から可能?
子供のワキガ手術は何歳から可能なのでしょうか?また手術以外の子どものワキガの治療法と対策についても説明します。
子供のワキの臭いをどうにかしてあげたい!子供のワキガ対策
子供のワキガ対策は、年齢や状態によっていくつもの段階があります。自分でワキガに気づいて気にし始めたら慌てずに必要なケアができるように、穏やかに注意深く見守ってあげてください。
脱毛すればワキガは治る?悪化する?どっちがホント?
ワキ脱毛するとワキガが治るという話を聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれませんが、その反対に、ワキガが悪化したという話もよく耳にしますよね。一体どちらが本当なのでしょうか? これは一体どちらが本当なのでしょうか。
生活習慣を改めればワキガは治る?
生活習慣を見直すことで、ワキガを軽減することは出来るとされています。ワキガを軽減させるための生活習慣についてご紹介していきます。
腋窩多汗症とは
汗の量の多寡は体質によるものもありますが、あまりにも大量に汗をかく場合は「腋窩多汗症」という病気の可能性があります。腋窩多汗症について説明します。
腋窩多汗症の治療法
腋窩多汗症により病院を受診した場合、どのような治療法があるのかご存知でしょうか?
女性の方がワキガが多い理由まとめ【重要】
ワキガが女性に多い理由について明らかにします。
ワキガ手術の痛みと術後の痛みはどの程度?健康保険は使える?
ワキガ手術の痛みや健康保険の適応、治療費について解説していきます。
知っておきたい!超音波ワキガ治療の後遺症・副作用
最新のワキガ治療「超音波ワキガ手術」についての後遺症と副作用についてまとめてみました。
塩湯で汗腺に溜まった脂を排出する!
塩湯が皮膚の下に貯まる脂を排出しやすくするって知っていましたか?塩湯で汗の臭いをシャットアウト。塩湯の作り方、入り方についても説明します。
ワキの下が臭う=ワキガなの?
ワキの下の臭いが強いからといって、ワキガとは限りません。今回は、ワキの下の臭いとワキガについて説明します。
衣類の黄ばみ=ワキガなの?
ワキガの場合には、衣類のワキの下に黄ばみができます。でも、それだけでワキガと決めることはできません。
体臭の強い人はスパイス類に要注意!
スパイスは、動物性の食品と一緒に取ることで体臭を強くし、発汗作用によってにおいを拡散します。体臭が気になる人は、スパイシーな肉料理を食べすぎないように注意しましょう。
ワキガにまつわる7つの誤解
ワキガは症状や重さに個人差があるため、なかなか正しい情報がつかみにくい疾病です。間違った事実から都市伝説のようなものまで、さまざまな誤解が生まれやすいのです。
ワキガになりやすい体質となりにくい体質
ワキガには、なりやすい体質の人とそうでない体質の人がいます。では、ワキガになりやすい体質とはどんなものなのでしょうか。そしてそれはどうすればわかるのでしょうか。
ワキガと食生活の関連性※NG食べ物をご紹介!
ワキガになりやすい食生活とは?なりにくい食生活とは?またワキガにNGな食べ物をご紹介します。
ストレスによるワキガの原因と対策まとめ
ストレスとワキガはかなり深く関係していることがわかっています。原因と対策についてまとめてみました。
ワキガが遺伝しない方法に興味ある?
両親ともにワキガでも、まったくワキガが遺伝しない子だっています。また、遺伝させない方法はあるのでしょうか?
最先端のワキガ治療「超音波治療」のメリットとデメリット
ワキガの治療法として脚光を浴びている超音波治療ですが、そのメリット・デメリットにはどんなものがあるのでしょうか。
超音波ワキガ治療前後の注意事項まとめ
ワキガで超音波治療を受けようと思っている方のために超音波治療前後の注意事項をまとめてみました。
ワキガ手術によっておこる可能性のある合併症に要注意!
皮膚を切開して汗腺を取り除くワキガ手術は、手術の直後から数か月間に発生する可能性のある合併症にも注意が必要です。
「汗臭い」と「ワキガ」の違いをまだ知らないの?
いわゆる「汗臭さ」と「ワキガ」とでは、同じように汗が元になるとはいってもまったく違うものです。どのような違いがあるのかをしっかりと知っておきましょう。
デオドラントとは※制汗剤・消臭剤・殺菌剤の違いわかる?
普段何気なく使っている「デオドラント」という言葉ですが、どんな意味でどんな種類があるか知っていますか?
臭いレベルが「小」「中」程度におすすめな「レーザー脱毛」
手術を検討するほどでもないけれど気になる「小」「中」レベルのワキガ対策として、永久脱毛はある程度の効果が期待できます。

このページの先頭へ戻る