腋窩多汗症の治療法

 

腋窩多汗症により病院を受診した場合、どのような治療法があるのかご存知でしょうか。
ここでは腋窩多汗症の治療法の種類と病院を受診した際の流れについてご紹介しています。
腋窩多汗症で受診することを検討している方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

腋窩多汗症の治療法の種類

塗り薬

塩化アルミニウムなどの有効成分が含まれている塗り薬を、脇の下に毎日塗布します。
効果の出方は比較的ゆっくりで、効果の持続期間も数日間から数週間と短いため、繰り返し使用する必要があります。

 

現在、医薬品として承認されている薬剤はないため、病院や薬局で調合した薬が処方されます。

 

ボツリヌス療法(注射)

ボツリヌス菌が作る天然のタンパク質を有効成分として含んでいる薬剤を、脇の下に注射する治療法です。
汗を出す信号は交感神経から出されますが、ボツリヌス療法を行うことでこの信号がブロックされるため、過剰な発汗を抑えることが出来るようになります。

 

効果は治療後2日から3日程度で現れ、約4か月間から9か月間持続すると言われています。
治療効果の個人差が大きく、完治は期待出来ないため、症状が再発した際は再び治療を行う必要があります。

 

飲み薬

多汗症の治療薬としては、現在漢方薬や抗コリン薬があります。
塗り薬や注射薬に比べて効果が広範囲に及ぶことが特徴的です。

 

腋窩多汗症の診療ガイドラインでは、塗り薬やボツリヌス療法などの治療でも効果が見られない場合や何らかの事情によりこれらの治療を行えない場合に試みるべき治療法と位置づけられています。

 

手術

腋窩多汗症の症状が重く、塗り薬やボツリヌス療法、飲み薬などの他の治療法で治療効果が得られない時に、手術が適応になることがあります。
手術の内容は症状により神経を切断する手術などが選択され、内容によって健康保険が適用になることもあります。
また、手術を受ける前には、事前に医師から十分な説明を受ける必要があります。

 

その他の治療法

神経ブロック、レーザー療法、イオントフォレーシス(発汗部位を水道水に浸して弱い電流を流し、発汗を抑える治療方法)、精神(心理)療法などがあり、症状に合わせて選択されます。

 

保険が適用される治療方法

(2)ボツリヌス療法、(3)飲み薬、(4)手術が該当します。

 

ただし、症状により適切な治療法が異なりますから、治療費が気になる方はしっかりと医師に相談するようにしてくださいね。

 

腋窩多汗症で病院を受診する際の流れについて

 

腋窩多汗症で病院を受診しようと思ったら、まずは腋窩多汗症の診療を行っているかを事前に確認しておきましょう。
腋窩多汗症の治療は、皮膚科や形成外科、麻酔科(ペインクリニックも含む)などで受けることが出来ます。

 

病院が見つかったら電話やインターネットから予約し、予約日に病院に行きましょう。
この際、受付で予約していることを告げ、健康保険証は忘れずに持っていくようにしてください。

 

受付の際に問診票を渡されることが多いですが、書くべきポイントが分からない方は以下のポイントを参考に記載するようにすると診察がスムーズになります。

 

腋窩多汗症の診断ポイント
  • 最初に腋窩多汗症の症状が現れ始めた時の年齢
  • 両脇で同じ量の汗をかくのか
  • 脇汗が原因で、日常生活に支障を来しているか
  • 脇汗をかく頻度はどの程度か
  • 家族や親戚の中にも、同じような症状が出ている人がいるか
  • 睡眠中にも脇汗をかくか

 

診察では、問診票をもとに問診や視察が行われ、腋窩多汗症の診断と重症度を判定します。
重症度の判定のために発汗量の測定などの検査が行われる場合も多いですので、上着の下はノースリーブなどの袖のない服を着ていくことをお勧めします。

 

診察の結果をもとに、治療法が決定されます。ただし、ボツリヌス療法は15歳未満の方への安全性が確立されていないため、治療を受けられないことがあります。

 

また、15歳以上であっても未成年の場合、治療には保護者の同意が必要になることが多いですから、事前に治療について両親に相談しておくようにしてくださいね。

関連ページ

正確に知ろう!ワキガの原因
ワキガの原因をしっかりと把握し、正しい対策をとるようにしましょう。
軽度のワキガの治療法と対策
ワキガの治療法にも様々あります。ここでは軽い絵ワキガの治療法について説明します。
重度のワキガの治療法と対策
重度のワキガは普通のケアでは、ほとんど効果がないため、ここでは病院での治療法について説明します。
ワキガ手術の失敗例(後遺症)を知らないでは済まされない!
ワキガ手術によりワキガの改善効果が期待出来るとはいえ、そこにはもちろんリスク(失敗)がつきものです。
ワキガ臭が軽い人ほど治りやすい?【段階別治療法と対策】
ワキガ臭が軽いほどワキガは治りやすいという話を耳にすることもあります。軽度のワキガの治療法、対策について説明します。
子供のワキガ手術は何歳から可能?
子供のワキガ手術は何歳から可能なのでしょうか?また手術以外の子どものワキガの治療法と対策についても説明します。
子供のワキの臭いをどうにかしてあげたい!子供のワキガ対策
子供のワキガ対策は、年齢や状態によっていくつもの段階があります。自分でワキガに気づいて気にし始めたら慌てずに必要なケアができるように、穏やかに注意深く見守ってあげてください。
高齢者でもワキガの手術は可能なのか?
ワキガの手術は高齢者でも可能なのでしょうか?手術を受けられる年齢に制限はあるのでしょうか?また最善の手術法をご紹介します。
脱毛すればワキガは治る?悪化する?どっちがホント?
ワキ脱毛するとワキガが治るという話を聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれませんが、その反対に、ワキガが悪化したという話もよく耳にしますよね。一体どちらが本当なのでしょうか? これは一体どちらが本当なのでしょうか。
生活習慣を改めればワキガは治る?
生活習慣を見直すことで、ワキガを軽減することは出来るとされています。ワキガを軽減させるための生活習慣についてご紹介していきます。
腋窩多汗症とは
汗の量の多寡は体質によるものもありますが、あまりにも大量に汗をかく場合は「腋窩多汗症」という病気の可能性があります。腋窩多汗症について説明します。
女性の方がワキガが多い理由まとめ【重要】
ワキガが女性に多い理由について明らかにします。
ワキガ手術の痛みと術後の痛みはどの程度?健康保険は使える?
ワキガ手術の痛みや健康保険の適応、治療費について解説していきます。
知っておきたい!超音波ワキガ治療の後遺症・副作用
最新のワキガ治療「超音波ワキガ手術」についての後遺症と副作用についてまとめてみました。
塩湯で汗腺に溜まった脂を排出する!
塩湯が皮膚の下に貯まる脂を排出しやすくするって知っていましたか?塩湯で汗の臭いをシャットアウト。塩湯の作り方、入り方についても説明します。
ワキの下が臭う=ワキガなの?
ワキの下の臭いが強いからといって、ワキガとは限りません。今回は、ワキの下の臭いとワキガについて説明します。
衣類の黄ばみ=ワキガなの?
ワキガの場合には、衣類のワキの下に黄ばみができます。でも、それだけでワキガと決めることはできません。
体臭の強い人はスパイス類に要注意!
スパイスは、動物性の食品と一緒に取ることで体臭を強くし、発汗作用によってにおいを拡散します。体臭が気になる人は、スパイシーな肉料理を食べすぎないように注意しましょう。
ワキガにまつわる7つの誤解
ワキガは症状や重さに個人差があるため、なかなか正しい情報がつかみにくい疾病です。間違った事実から都市伝説のようなものまで、さまざまな誤解が生まれやすいのです。
ワキガになりやすい体質となりにくい体質
ワキガには、なりやすい体質の人とそうでない体質の人がいます。では、ワキガになりやすい体質とはどんなものなのでしょうか。そしてそれはどうすればわかるのでしょうか。
ワキガと食生活の関連性※NG食べ物をご紹介!
ワキガになりやすい食生活とは?なりにくい食生活とは?またワキガにNGな食べ物をご紹介します。
ストレスによるワキガの原因と対策まとめ
ストレスとワキガはかなり深く関係していることがわかっています。原因と対策についてまとめてみました。
ワキガが遺伝しない方法に興味ある?
両親ともにワキガでも、まったくワキガが遺伝しない子だっています。また、遺伝させない方法はあるのでしょうか?
最先端のワキガ治療「超音波治療」のメリットとデメリット
ワキガの治療法として脚光を浴びている超音波治療ですが、そのメリット・デメリットにはどんなものがあるのでしょうか。
超音波ワキガ治療前後の注意事項まとめ
ワキガで超音波治療を受けようと思っている方のために超音波治療前後の注意事項をまとめてみました。
ワキガ手術によっておこる可能性のある合併症に要注意!
皮膚を切開して汗腺を取り除くワキガ手術は、手術の直後から数か月間に発生する可能性のある合併症にも注意が必要です。
「汗臭い」と「ワキガ」の違いをまだ知らないの?
いわゆる「汗臭さ」と「ワキガ」とでは、同じように汗が元になるとはいってもまったく違うものです。どのような違いがあるのかをしっかりと知っておきましょう。
デオドラントとは※制汗剤・消臭剤・殺菌剤の違いわかる?
普段何気なく使っている「デオドラント」という言葉ですが、どんな意味でどんな種類があるか知っていますか?
臭いレベルが「小」「中」程度におすすめな「レーザー脱毛」
手術を検討するほどでもないけれど気になる「小」「中」レベルのワキガ対策として、永久脱毛はある程度の効果が期待できます。

このページの先頭へ戻る