ワキガの悩み解消コラム

ワキガの悩みを解消するための最新情報を発信します。

ワキガの悩み解消コラム記事一覧

脇から悪臭が発せられるワキガ。不潔にしていたり、肥満であったりするとワキガになると考えている方もいらっしゃるかもしれませんが、実はこれは間違いです。これらの要素は体臭を強くさせることはあってもワキガの原因とはなりません。ワキガの原因をしっかりと知って、正しい対応をするようにしてくださいね。ワキガの原因とは?ワキガの原因は、アポクリン汗腺から分泌される分泌物にあります。汗自体は本来は無臭のものです。...
ワキガの治療法には様々な種類のものがあるため、その症状に合わせた治療法を選択することがとても大切になります。ここでは、軽度なワキガの治療法についてご紹介していきます。塗り薬や飲み薬による治療塩化アルミニウム液(外用薬)制汗作用と臭いの抑制効果がある塗り薬で、軽度のワキガに対して最もよく処方される薬剤です。一般的には濃度20%のものが処方されることが多いですが、病院によって配合量が異なることもありま...
重度のワキガの場合、それほど汗をたくさんかいていなくてもかなり臭いが出てしまうことは珍しくありません。普通のケア法ではほとんど効果がないため、日常生活にで臭いを抑えるのは非常に困難です。ここでは、重度のワキガに対して病院で行われる治療法についてご紹介していきます。ミラノドライマイクロ波を照射してアポクリン汗腺とエクリン汗腺を燃やして機能しないようにする方法です。皮膚を切る必要がないため痛みはほぼあ...
現在ワキガに悩まされている方であれば、1度はワキガ手術について検討されたことがあるのではないかと思います。ですが、ワキガ手術によりワキガの改善効果が期待出来るとはいえ、そこにはもちろんリスクがつきものです。ワキガ手術のメリットだけではなくデメリットもきちんと押さえて、本当に自分に必要なのか判断するようにしてくださいね。ワキガ手術の後遺症:代償性発汗ワキガ手術では、脇にあるアポクリン汗腺とエクリン汗...
ワキガ臭が軽いほどワキガは治りやすいという話を耳にすることもありますが、これって本当なのでしょうか。ここでは、ワキガの段階による区分やその症状と治療法、軽度のワキガのセルフケア方法について解説しています。ワキガの段階による症状と治療症状ワキガはその症状によって軽度、中度、重度の3段階に分けられています。軽度のワキガ ⇒ 普段よりも汗をかいたときにワキガ臭を感じる程度。中度のワキガ ⇒ 直接臭いを嗅...
子供にワキガがあると、いじめの対象にもなるかもしれないと心配になりますから、親としては出来れば治療してあげたいと考えますよね。ですが、ワキガ手術は費用もかかりますし痛みもあるのではないかと、何歳くらいで治療すべきか悩んでしまいがちです。ここでは、子供のワキガ手術について解説していますので、気になる方はぜひ参考にしてみてくださいね。子供のワキガ手術はいつから行えるの?ワキガの手術は小学校高学年くらい...
我が子がワキガだったら?多くのお母さんの悩みですね。慌てないで、きちんと対処してあげたいものです。年齢によって変わる子供のワキガ対策にはどんなものがあるのでしょうか。子供が自分のワキガに気づくまでは?子供自身がまだワキガをそれほど気にしない年齢であれば、普段のケアで乗り切るのが一番でしょう。消臭効果のある洗剤や漂白剤で服ににおいが残らないようにする着る前に衣類用の消臭スプレーを使うなど、まわりに臭...
ワキガの手術は、昔は切除法しかありませんでした。この方法では、術後脇の下にひきつれたような長い傷跡がハッキリ残ってしまいました。しかし、現在では皮下組織吸引法、皮下組織煎除法、超音波による手術、レーザー治療等があります。ワキガの手術の種類皮下組織吸引法これは、脇の下に数ミリの小さな穴を開け、そこに「カニューレ」という細い管を差し込み、汗腺類を掻き取り吸引するという方法です。メスも使わず皮膚に小さな...
脇毛を脱毛するとワキガが治るという話を聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれません。ですがその反対に、脱毛でワキガが悪化したという話もよく耳にしますよね。これは一体どちらが本当なのでしょうか。ここでは、ワキガと脱毛の関係について解説していきます。脇毛を脱毛すると、ワキガは軽減される常在菌が減るワキガは、臭いの原因となる物質が皮膚表面にいる常在菌により分解されることで生じます。この常在菌が毛穴の毛...
ワキガの程度は、アポクリン汗腺の数や分泌される汗の量によって異なります。アポクリン汗腺の量や活性は遺伝によるところが多いため、生活習慣を改めてもワキガが完治することはありません。ですが生活習慣を見直すことで、ワキガを軽減することは出来るとされています。ここでは、ワキガを軽減させるための生活習慣についてご紹介していきます。まずは食生活を見直そうワキガを悪化させる大きな要因となるものに食生活が挙げられ...
人目が気になるほど脇汗をかいてしまい、日常生活に影響が出る場合があります。汗の量の多寡は体質によるものもありますが、あまりにも大量に汗をかく場合は「腋窩多汗症」という病気の可能性があります。ここでは腋窩多汗症について解説していますので、気になる方はぜひ参考にしてみてくださいね。腋窩多汗症とは体質的に汗をかきやすいという方は少なくありませんが、その中でも日常生活に支障が出るほどたくさんの汗が出る場合...
腋窩多汗症により病院を受診した場合、どのような治療法があるのかご存知でしょうか。ここでは腋窩多汗症の治療法の種類と病院を受診した際の流れについてご紹介しています。腋窩多汗症で受診することを検討している方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。腋窩多汗症の治療法の種類塗り薬塩化アルミニウムなどの有効成分が含まれている塗り薬を、脇の下に毎日塗布します。効果の出方は比較的ゆっくりで、効果の持続期間も数日間から...
女性にワキガが多いのはどうして?ワキガに悩んでいる人・もしかしてワキガかもしれないと感じている人もいるでしょう。このワキガですが、実は女性の方が多くいるという事を知っているでしょうか?中にはワキガは男性の方が多いと思っていたという人もいますよね。ここでは、どうして女性にワキガが多いのかということをご説明していきたいと思います。女性の方がアポクリン汗腺が多く分布している!女性にワキガが多いのはアポク...
ワキガに悩まされている方は、手術を検討されることも多いかもしれませんね。ですが、手術となると痛みや傷痕が気になりますし、費用についても不安に思うことが多いですよね。ここでは、ワキガ手術の痛みや健康保険の適応について解説していきます。ワキガ手術の痛みと術後の痛みはどの程度?ワキガ手術で現在主に行われているのが、脇の下を切開してアポクリン汗腺を目視で除去する皮弁法という治療法です。皮弁法では、まず手術...
ワキガはつらい、一日も早く治療したい。ワキガの治療に手術が有効なのは知っているけれど、、手術となれば時間もかかり、後遺症も心配です。そんな不安を抱く方は多いのではないでしょうか。最新のワキガ治療、「超音波ワキガ手術」について、そんな不安や疑問をまとめてみました。超音波ワキガ手術ってどんな手術ですか?超音波ワキガ手術って、皮膚を切るの?ワキガを根本的に治療するには、ワキガの原因となる汗腺を取り除くし...
塩湯が脂を排出するってホント?汗をかいた後って、ヌルヌルベタベタと気持ちが悪い感覚が残りますね。汗腺に溜まった脂が汗とともに排出されて肌の表面に浮いてくるからです。汗と脂が混じったこの状態を、皮脂(皮脂膜)と呼びますが、本来は私たちの肌を守るための大切なバリア。皮脂が薄くムラになっていると、カサカサと乾燥して痒みが出たり、お肌が荒れる原因になったりします。逆に、厚く余分な皮脂は酸化すると細菌の温床...
季節の変わり目は、寒暖の差が大きいですね。突然の温かさで汗ばんで、ワキの下の臭いが気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか?ワキの下の臭いが強いからといって、ワキガとはかぎりません。今回は、ワキの下の臭いとワキガについてお伝えします。ワキの下が臭う理由ワキの下には、エクリン腺とアポクリン腺という2種類の汗腺があります。エクリン腺は、全身に分布する汗腺です。エクリン腺から出る汗の成分は、99%が...
洗濯しても、衣類のワキの下の部分に黄ばみが残るという方はいませんか?ワキガの場合には、衣類のワキの下に黄ばみができます。でも、それだけでワキガと決めることはできません。衣類の黄ばみは、ワキガ以外の原因でもできるからです。今回は、衣類の黄ばみとワキガについてお伝えします。ワキガとはワキガは、腋臭症ともいいます。病気ではありません。ワキガは、体質によるものです。汗の出る汗腺には、エクリン腺とアポクリン...
肉を多く食べる人は、菜食の人より体臭がきついとよく言われますね。でも、体臭が強くなりやすい理由は肉食だけではないんです。スパイスが体臭を強くするわけは?スパイスが効いた食べ物を食べると、汗がドッと出てきませんか?これは、スパイスが汗腺を刺激して汗をかきやすくするからです。汗は人間にとって必要な体温調節機能ですが、かいた汗が皮膚に残ると皮脂や垢と混ざって細菌が繁殖しやすくなり、これが悪臭のもととなり...
ワキガについての7つの誤解とは?一人ひっそりとワキガで悩んでいる人は意外と多いですよね。ワキガは医学的には「腋臭症」と呼ばれ、現在では疾病の一つとして様々な治療法が存在しています。しかし、一般にワキガについて正しく理解されているかというと難しいところです。あなたはこんな誤解をしていませんか?ワキガは手術では治せない?ワキガは手術で治せます。ワキガの原因となるアポクリン線・エクリン線・皮脂腺を除去す...
ワキガになりやすい体質があるのでしょうか?自分はワキガではないかしら?そう思ったことがある人は多いでしょう。特に汗ばむ季節、ちょっとした瞬間にふと臭いを感じると、そのことがずっと気になってしまったりしがちです。ワキガには、なりやすい体質の人とそうでない体質の人がいます。では、ワキガになりやすい体質とはどんなものなのでしょうか。そしてそれはどうすればわかるのでしょうか。ワキガ体質かどうかを知る5つの...
食生活とワキガには関係があるのでしょうか?ワキガは普段の食事で変化しますか?ワキガと食生活には密接な関係があります。もちろん元々の体質や環境、ストレスや喫煙の有無などによってもワキガの強さは左右されますが、食事の内容は無視することができないワキガの大きな要因です。どんな食事を摂るとワキガが強くなりますか?肉類中心の食事が多い人は、ワキガがきつくなる傾向にあります。ほかにもチーズやバターなどの乳製品...
注目されるワキガとストレスの関連性とは?ワキガの発生は成長期に多い、というのが長年の常識でした。ところが近年になって、突然始まる「大人ワキガ」が話題に上るようになりました。ストレスとワキガの関係と、その改善方法について探ってみましょう。ストレスとワキガには関係があるの?あります。しかもかなり深く関係していることがわかっています。昔から「冷や汗をかく」「脂汗が出る」などという言葉がありますね。どちら...
自分がワキガ、またはパートナーがワキガの女性にとって、ワキガが子供にも遺伝するかもしれないというのは深刻な悩みです。ワキガと遺伝についてまとめてみました。ワキガは遺伝すると聞きましたが?ワキガは遺伝します。それも両親ともにワキガの場合は80%以上、どちらか片方がワキガならば50%以上という高い確率です。優性遺伝、という言葉を聞いたことがあるでしょうか。ワキガは優性遺伝なので、両親のどちらかにワキガ...
ワキガの治療法として脚光を浴びている超音波治療ですが、そのメリット・デメリットにはどんなものがあるのでしょうか。ワキガの超音波治療、その5つのメリットとは?まず、ほかの手術と比べて超音波治療が優れていると言われる点を見てみましょう。痛みが少ない超音波治療では、超音波メスを挿入するために皮膚を数ミリ切開します。そのため、事前に局部麻酔をかけてから手術を行います。麻酔の針を刺すチクっとした痛みはありま...
ワキガで超音波治療を受けようと思っている方、やはり手術となると特別な準備や治療後の生活が気になるところですね。超音波治療前後の注意事項をまとめてみました。超音波治療前に気を付けるべきことは?まずは充分なカウンセリングを!これは手術自体には関係ありませんが、手術を含むワキガ治療をどのように進めるか、ほかの手段での解決策はないのかなどを充分に確認することは重要です。医師によっては、超音波治療をする前に...
近年盛んにおこなわれるようになったワキガ手術ですが、手術によっておこる合併症もきちんと知っておく必要があります。ワキガ手術によって起こる可能性のある合併症の主なものを6つ挙げてみました。血腫手術跡の皮膚下に、傷口から出た血液が固まってしまうことがあります。これが血腫です。手術後の安静が保たれなかったり、腕を激しく動かしてしまい圧迫帯が外れて出血すると起こりやすくなります。治療には、縫合の一部を開い...
汗をかくとなぜにおいが出るのでしょうか?汗をたくさんかいた後にムッとにおう汗臭さ。これは文字通り、汗そのものが原因になって出てくるにおいです。体温が急激に上昇すると、身体は熱を外に逃がそうとして皮膚にある汗腺「エクリン線」から大量の水分を放出します。汗の成分は99%の水と1%の塩分からなっていて、それ自体にはほとんどにおいがありません。だから単に汗をかいただけなら、それほど強い汗臭さは感じません。...
夏が近づくとドラッグストアの店頭はデオドラント製品がずらりと並びます。普段何気なく使っているこの「デオドラント」という言葉ですが、どんな意味でどんな種類があるか知っていますか?そもそもデオドラントってどういう意味?英語で書くと「deodorant」。〈「DE-」低下〉+〈「ODOR」におい〉+〈「-ANT」〜性の〉が混ざった言葉です。一言で言えば「消臭剤」「防臭剤」全般を指した言葉ですね。私たちが...
ワキガに悩んでいるけれど、手術するほどではない。でも制汗剤や汗取りパッドだけでは不安が残る。中・小レベルのワキガがある方に共通の悩みではないでしょうか。ワキガを治すのは手術だけではありません。レーザー脱毛とワキガの関係について調べてみました。脱毛はワキガに効果があるの?腋の下の毛の処理は、ほとんどの女性には経験がありますね。腋の下をちゃんと処理しているのに、ワキガは良くなった気がしないという経験を...

このページの先頭へ戻る